TOP > 皮膚科 > 円形脱毛症

円形脱毛症

円形脱毛症に関するご相談は、「町田駅」から徒歩1分の「湘南内科皮フ科クリニック町田院」までお気軽にお寄せください。

ふと鏡などで頭髪を確認した際に、コイン大の小さな脱毛部位を見つけて驚いた経験はないでしょうか。多くの場合、そうした症状は円形脱毛症として診断されます。何の前触れもなく始まることが多い脱毛症です。

コイン大程度の円い脱毛が現れる「単発型」が基本ですが、複数個所に脱毛が起きるケースもあります。また、頭全体に脱毛が進行するケースもあります。このほか、全身の毛が抜ける例も確認されています。

加齢とともに薄毛になっていく方は多く見られますが、円形脱毛症の発症率と年齢の間に強い関係性はありません。早ければ、小児のうちから円形脱毛症を発症することもあります。また、男女による発症率の差も見られません。

他の脱毛症・薄毛と同様に、進行するにつれて治療が困難になっていきます。円形脱毛症が疑われる場合は、早めに皮フ科の診断を受けることをおすすめします。

症状

円形脱毛症は症状によってタイプ分けされています。それぞれの症状を以下でご紹介します。

単発型

頭髪に円形の脱毛が現れる、最も一般的なタイプです。多くの場合、痛みやかゆみなどはなく、突然発症します。

多発型

2カ所以上の脱毛が現れるタイプです。上述した単発型から移行して発症する場合があります。

蛇行型

後頭部か蛇のように細長く脱毛が広がっていくタイプです。比較症状が重いタイプとして分類され、治療に複数年を要するケースがあります。

全頭型

脱毛が広範囲に広がり、最終的に頭皮前代の毛髪がなくなってしまうタイプです。改善のためには、長期にわたる治療が求められます。

汎発型

頭髪だけではなく、眉毛やまつ毛、身体全体に脱毛が広がるタイプです。最も重度な円形脱毛症と考えられています。治療が非常に困難であり、改善までには根気強い取り組みが必要です。

治療方法例

毛包を攻撃する過剰な免疫反応を抑えるためにステロイドのローションタイプの塗り薬(アンテベートなど)を使用します。また血流を促進する塗り薬(フロジン)を使用することがあります。アトピー性素因があると円形脱毛症にかかりやすいといわれ、抗アレルギー薬(アレグラ)の内服が有効なことがあります。治療期間は早いもので2~3カ月、重い場合は数年にわたることがあります。

費用

保険診療の費用
(保険診療・3割負担の場合)

診察料+処方箋:1,100円前後
(お薬代は薬局にて別途費用が発生いたします)

※平日18時以降の受付、土曜日12時以降の受付、日曜は終日、夜間早朝等加算として、別途150円が加算されます。