TOP > 皮膚科 > 帯状疱疹

帯状疱疹

帯状疱疹とは

「町田駅」から徒歩1分の「湘南内科皮フ科クリニック町田院」は、帯状疱疹の症状に対応しております。

帯状疱疹は、皮膚湿疹に分類される疾患のひとつです。小さな水ぶくれが帯状に生じることが名前の由来になっています。胸、腕、背中、頭部、顔面などが代表的な発症部位です。

帯状疱疹は水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスによって起こります。このウイルスは、子どもが発症する水ぼうそうの原因としても知られています。水ぼうそうが治った後も、水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスは身体の中に潜伏しており、大人になってから何かのきっかけによって帯状疱疹を引き起こすケースがあります。

一般的には50~80歳代の方に発症する病気です。免疫力によっては、20~30歳代で発症することも少なくありません。また、免疫力が低下している場合を除き、通常は生涯で1度しか発症しません。

子どもの頃に水ぼうそうを発症している方は、誰でも帯状疱疹の発症リスクがあります。また、水ぼうそうの発症を自覚していない方を含めると、日本人のおよそ9割は大人になってから帯状疱疹を発症する可能性があると考えられています。

帯状疱疹の症状

湿疹の代表的をご紹介します。

初期症状として、ツンツンと刺すような痛みを感じ、その後発疹が出現します。適切な治療を実施すれば水ぶくれは2~3週間でかさぶたに変化し、通常は4~6週間程度で治癒します。

一方で、高齢者の帯状疱疹は治癒までに時間がかかることも少なくありません。これは、高血糖状態から生じる既存の湿疹症状と混同され、受診が遅れがちになるためです。

また、帯状疱疹が治癒した後も痛みだけが残るケースがあります。これは、神経節のダメージによって生じる「帯状疱疹後神経痛」と呼ばれる疾患です。高齢者は、神経節にダメージを受けやすく、帯状疱疹後神経痛を発症する確率が高いと考えられています。

費用

保険診療の費用
(保険診療・3割負担の場合)

診察料+処方箋:1,100円前後
(お薬代は薬局にて別途費用が発生いたします)

※平日18時以降の受付、土曜日12時以降の受付、日曜は終日、夜間早朝等加算として、別途150円が加算されます。