お電話でのお問い合わせ

美容皮膚科に関するお問い合わせ

0120-665-664


保険診療とAGA治療に関するお問い合わせ

050-5576-1321

TOP > 皮膚科 > ほくろ取り

ほくろ取り

ほくろ(色素性母斑)は、一般的には後天性のものです。 後天性の色素性母斑とは、生まれつきのものではなく、成長していく過程で母斑細胞(色素細胞に似ている)が皮膚または皮膚の下で増殖した状態を指します。
後天性の色素性母斑は、典型的には①Unna母斑②Miescher母斑③Spitz母斑④Clark母斑に分類されます。

Unna母斑

主に体幹によくできます。直径1センチ程度のものが多く、やわらかいしこりです。色は黒~茶褐色であることが多いです。

Miescher 母斑

主に顔面や毛髪部によくできます。ドーム状に膨らんでいることが多く、毛が生えていることもあります。年齢とともに色が薄くなり、肌色に近いものがあります。

Spitz 母斑

比較的若い人にできやすいです。色は赤~黒色であることが多いです。まれに急に大きくなり、皮膚がん(悪性黒色腫)と見分けなければいけないことがありあす。

Clark母斑

体幹や四肢によくできます。楕円形であることが多く、中央の色がやや濃い、外側に向かって色が徐々に薄くなることが多いです。大きさは直径1センチ以下であることが多いです。

ほくろ取りチェックリスト

  • 見た目を良くしたい、いらないから取りたいなどの美容目的ではない
  • 生活に支障をきたすことがある
    (ひげを剃る時に引っかかる、洋服を脱ぐ時に引っかかる、洗顔時に爪があたって血が出ることがある など)

  • ほくろが隆起している(盛り上がっている)
  • サイズが3mm 以上ある

チェックリストにすべて当てはまる方は、保険適用になる可能性が高いです。
予約制のため、まずはお問い合わせください。

※切開手術は行っておりません。長径約1cmまでのサイズを施術いたします。

費用

保険診療の費用
(保険診療・3割負担の場合)

8,000円~9,000円前後
(診察のみの場合でも初診料がかかります)

※平日18時以降の受付、土曜日12時以降の受付、日曜は終日、夜間早朝等加算として、別途150円が加算されます。

医院長

湘南内科皮フ科クリニック 町田院 院長 石黒 由高

湘南内科皮フ科クリニック
町田院 院長

石黒 由高

経歴

  • 総合病院 南生協病院 臨床研修
  • 名古屋市立大学病院及び関連病院 勤務
  • 湘南美容クリニック大宮東口院 勤務
  • 湘南メディカル記念病院一般内科 勤務
  • 湘南内科皮フ科クリニック町田院 院長就任

アクセス・診療案内

当院は、町田MODIと町田東急ツインズの間にあるビル(TKビル)の5Fになります。

湘南内科皮フ科クリニック町田院

〒194-0013 東京都町田市原町田6-3-20 TK町田ビル5階

保険診療とAGA治療に関するお問い合わせ
美容皮膚科に関するお問い合わせ
診療時間 : 10時~19時
(18時45分最終受付)

※AGA、美容皮膚科、メディカルダイエット、成長ホルモンのご相談は17時30分最終受付となります。

休診日 : 保険診療 月・木
  美容皮膚科 木
診療時間
10:00~19:00
保険診療 - -
美容皮膚科 -

※祝日または振替え休日が休診日の場合は、休診とさせていただきます。