TOP > 皮膚科 > 日焼け

日焼け

日焼けとは

日焼けでお悩みの方は、「町田駅」から徒歩1分の「湘南内科皮フ科クリニック町田院」にご相談ください。

天気が良い日に外へ出る際、注意が必要な日焼け。日差しが強い夏場は、とくに日焼けへの警戒が求められます。レジャーや屋外への仕事など屋外に長時間いる場合だけではなく、通勤や通学中など少し屋外を歩くだけでも日焼けしてしまう可能性は十分に考えられます。

「単に紫外線で肌が黒くなるだけ」と考えられがちな日焼けですが、その実態は軽いやけどです。重度の日焼けになると、やけどのように肌のほてりや水ぶくれができることもあります。もちろん、肌の黒ずみやシミも、とくに女性にとっては美容の観点から好ましくないでしょう。

日焼け止めや帽子、日傘などセルフケアで日焼けを防止するのが一般的です。一方、重度の日焼けにより辛い症状が出ている場合は、皮フ科でも対応できます。「日焼けによる症状だから……」と軽視せず、症状によっては病院の受診を検討しましょう。

日焼けの症状

紫外線のなかでもUV-Bはとくにエネルギーが強く、皮膚の赤みや痛みを引き起こします。そのまま日焼けが進行すると、肌が熱を持つことや水ぶくれが起こることも少なくありません。UV-Aは比較的エネルギーが弱いものの、皮膚細胞がダメージから皮膚を守ろうとする作用でメラニン色素を増加させるため、肌の黒ずみが引き起こされます。

また、紫外線で皮膚細胞が過度に傷つくと、その影響により皮膚がんを引き起こす可能性もあります。仕事などで強い日光を日常的に浴びている方はとくに注意が必要です。

診療していない病気

粉瘤、ホクロ、皮膚癌、ピアス、巻き爪、軟性線維、はい粒腫、重症のやけど、手術、脱毛、レーザー、注射、面ぽう圧出、女性のデリケートな部位など

費用

保険診療の費用
(保険診療・3割負担の場合)

診察料+処方箋:1,100円前後
(お薬代は薬局にて別途費用が発生いたします)

※平日18時以降の受付、土曜日12時以降の受付、日曜は終日、夜間早朝等加算として、別途150円が加算されます。