お電話でのお問い合わせ

湘南内科皮フ科クリニック 町田院ロゴ

050-5576-1321

TOP > 皮膚科 > じんましん

じんましん

「町田駅」から徒歩1分の「湘南内科皮フ科クリニック町田院」はじんましんに関するご相談に対応しております。お気軽にお越しください。

かゆみを伴う赤い発疹が皮膚の一部に現れるじんましん。範囲や形はさまざまですが、症状自体は虫刺されや発疹に似ています。一定期間が過ぎると自然と症状は治まりますが、それまでのかゆみや外観による不快感は決して小さくありません。

皮膚は「内臓の鏡」ともいわれており、内臓に起きている異常は皮膚にも影響します。しかし、じんましんに関しては多くの場合アレルギー起因のものであり、内臓の異常とは直接関係ないことがほとんどです。ただし、一般の方にとって鑑別は困難なとも言えるでしょう。じんましんと思われる症状が出た場合、ほかの疾患との関連性を調べるためにも、皮フ科の受診をおすすめします。

症状

原因となる要素に接触・摂取した際、虫刺されに似た赤い発疹が突然出現します。数ミリ程度の範囲で収まることもありますが、地図のように広がるケースも一般的です。出現から数時間できれいに消えることもある一方、慢性的に出現を繰り返すこともあります。

じんましんと同じアレルギー症状として呼吸が苦しくなったり、咳が止まらなくなったりすることもあります。症状が重い場合、呼吸困難やショック症状も考えられるため迅速な対応が必要です。

発疹の症状から、じんましんはアトピー性皮膚炎と誤認されることがあります。アトピーはかゆみを伴う発疹が繰り返し出現し、炎症によって色素沈着が起こります。対して、じんましんは一定期間後に肌が正常な状態に戻るため、色素沈着は起こりません。

治療方法例

かゆみの症状を抑えるために抗ヒスタミン薬(ビラノア、デザレックス、ルパフィン、ザイザル、クラリチン、アレグラ、タリオンなど)の飲み薬を使用します。塗り薬はあまり効果がありません。症状が出なくなっても、しばらくは薬を飲み続けます。可能であれば原因と特定し除去します。

抗ヒスタミン薬は毎日服用し、じんま疹が出ない状態をめざします。効果がみられなかったり重症のケースでは低用量のステロイド内服薬(プレドニン、セレスタミンなど)をごく短期間使用することもありえます。

症状が似た病気/ 関連した病気

費用

保険診療の費用
(保険診療・3割負担の場合)

診察料+処方箋:1,100円前後
(お薬代は薬局にて別途費用が発生いたします)

※平日18時以降の受付、土曜日12時以降の受付、日曜は終日、夜間早朝等加算として、別途150円が加算されます。

医院長

湘南内科皮フ科クリニック 町田院 院長 石黒 由高

湘南内科皮フ科クリニック
町田院 院長

石黒 由高

経歴

  • 総合病院 南生協病院 臨床研修
  • 名古屋市立大学病院及び関連病院 勤務
  • 湘南メディカル記念病院一般内科 勤務
  • 湘南内科皮フ科クリニック町田院 院長就任

アクセス・診療案内

当院は、町田MODIと町田東急ツインズの間にあるビル(TKビル)の5Fになります。

湘南内科皮フ科クリニック町田院

〒194-0013 東京都町田市原町田6-3-20 TK町田ビル5階

お問い合わせ
診療時間 : 10時~14時 / 15時30分~19時
(18時45分最終受付)
休診日 : 月・木
診療時間
10:00~14:00 - -
15:30~19:00 - -

※祝日または振替え休日が休診日の場合は、休診とさせていただきます。