TOP > 皮膚科 > 湿疹

湿疹

「町田駅」から徒歩1分の「湘南内科皮フ科クリニック町田院」は、湿疹の症状に関するご相談に対応しております。

湿疹は皮膚に炎症が起きる疾患です。「皮膚炎」とはほぼ同じ意味の言葉として使われます。一般的にも浸透している名前です。

皮膚科で対応する症例としては非常に多く、相談内容の約3割は湿疹に関連しているといわれています。もちろんほかの皮膚疾患も多いため、単純に皮膚の異常を湿疹と分類することはできません。診断には、専門的な知識が求められます。

湿疹は多くの病気・疾患の症状として現れます。かゆみを伴う赤い班や、皮膚に盛り上がりができる湿疹が一般的です。細かな症状は原因となる病気・疾患によって異なります。

また、湿疹は進行に応じてその状態を変化させていきます。刺激を与えると、ジュクジュクとした状態になってしまうことも少なくありません。色素沈着し、痛みやかゆみがなくなった後も肌に残ることがあります。

このような症状の多様性と状態変化は、湿疹の最もたる特徴です。適切に治療するためには、それぞれの症状と変化に応じた対処を行う必要があります。

症状

湿疹の代表的をご紹介します。

上述したとおり、時間の経過や刺激によって湿疹の状態は変化していきます。湿潤の状態が長く続くと慢性化し、最終的に色素沈着することもあるため注意が必要です。

治療方法例

湿疹の種類、皮膚の状態にもよりますが、炎症を抑えるステロイドの塗り薬(アンテベート、リンデロンV、リドメックスなど)を2週間程度使用します。乾燥している状態であれば保湿剤(ヒルドイド、プロペトなど)も併用します。かゆみが強いときは抗ヒスタミン薬(ビラノア、デザレックス、ルパフィン、ザイザル、クラリチン、アレグラ、タリオンなど)の飲み薬を使用します。かゆくてもできるだけ皮膚をかきむしらないようにしましょう。

症状が似た病気/ 関連した病気

関連した検査

費用

保険診療の費用
(保険診療・3割負担の場合)

診察料+処方箋:1,100円前後
(お薬代は薬局にて別途費用が発生いたします)

※平日18時以降の受付、土曜日12時以降の受付、日曜は終日、夜間早朝等加算として、別途150円が加算されます。

医院長

湘南内科皮フ科クリニック 町田院 院長 石黒 由高

湘南内科皮フ科クリニック
町田院 院長

石黒 由高

経歴

  • 総合病院 南生協病院 臨床研修
  • 名古屋市立大学病院及び関連病院 勤務
  • 湘南メディカル記念病院一般内科 勤務
  • 湘南内科皮フ科クリニック町田院 院長就任

アクセス・診療案内

当院は、町田MODIと町田東急ツインズの間にあるビル(TKビル)の5Fになります。

湘南内科皮フ科クリニック町田院

〒194-0013 東京都町田市原町田6-3-20 TK町田ビル5階

お問い合わせ
診療時間 : 10時~14時 / 15時30分~19時
(18時45分最終受付)
休診日 : 月・木
診療時間
10:00~14:00 - -
15:30~19:00 - -

※祝日または振替え休日が休診日の場合は、休診とさせていただきます。