TOP > 内科 > 花粉症

花粉症

「町田駅」から徒歩1分の「湘南内科皮フ科クリニック町田院」は、花粉症に関するご相談を承ります。

毎年決まった時期にくしゃみや鼻水、目のかゆみといった症状に悩まされる――それは、植物の花粉によるアレルギー反応・花粉症かもしれません。日本人のおよそ3.5人に1人が悩まされる、極めて一般的な病気です。

種子植物のなかには、繁殖のために小胞子を飛散させる種があります。この小胞子が一般的に花粉と呼ばれている存在です。花粉症とは、この花粉を原因として起こる、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎のことです。

飛散している花粉が口や鼻・目に入ると、身体が花粉を異物として判断する場合があります。その花粉に対する身体の拒否反応として現れるのが花粉症です。花粉症自体は身体本来の反応であり自然なことですが、その反応が過剰になると生活に支障が出ることがあります。

花粉症の症状は風邪とよく似ていますが、風邪の一般的な原因がウイルスである一方、花粉症の原因はあくまで花粉です。そのため、風邪とは違う対処が求められます。くしゃみ、鼻水などの諸症状が出た場合は自己判断で風邪と考えず、内科の診察を受けることをおすすめします。

症状

花粉症の代表的な症状は以下のようなものです。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどは風邪の症状でもあります。風邪の場合は通常1週間程度でおさまりますが、花粉症の場合は花粉が飛散しているシーズンいっぱい続くことも少なくありません。また、花粉症の鼻水は粘り気がなく、さらさらと透明になる点が特徴です。


当院院長のコメント

花粉症の症状軽減には早めの治療が大切です。

花粉症治療で患者様がもっとも心配するのは薬による眠気です。多くの市販薬に含まれている”第一世代抗ヒスタミン薬”はくしゃみ・鼻水を止める一方、眠気が強く、さらに口が乾くという副作用がありました。その副作用を軽減するために、新しい”第二世代抗ヒスタミン薬”が開発されました。これは抗アレルギー薬とも呼ばれていて、現在病院で処方する薬のほとんどがこの”第二世代抗ヒスタミン薬”です。薬によってはほとんど眠気がない薬もあり、パイロットも服用できるほどです。

当院で処方する抗アレルギー薬にはアレグラ、クラリチン、アレロック、ザイザル、ルパフィン、デザレックス、ビラノアなどがあります(保険診療)。

たまに喘息などの症状が出る場合があり、その症状が強くでる患者様にはセレスタミンやリンデロンなどのステロイド薬を短期間のみ頓用で使用してもらうこともあります。

鼻水、鼻づまりが強い場合

通常お渡ししている内服薬以外に点鼻薬(アラミスト、ナゾネックス、インタール)を使用します。 鼻の粘膜に直接働きかけるため、症状を緩和することができます。また点鼻薬なので、花粉症でよくある眠気はありません。

鼻づまりが強い場合

通常お渡ししている内服薬以外にロイコトルエン拮抗薬(シングレア、キプレス、オノン)やトロンボキサンA2拮抗薬(バイナス)などの薬剤を併用する場合もございます。
また、内服薬のみでなく、点鼻薬(アラミスト、ナゾネックス、インタール)を併用することもおすすめいたします。
さらに、鼻づまりが非常に強い場合、飲み薬以外で点鼻薬の血管収縮薬(トーク)も症状によって併用することもあります。
これらの薬にも眠気はありません。

目のかゆみが強い場合

抗アレルギー薬の点眼薬(パタノール、リボスチン、リザベンなど)を点眼いただきます。
目のかゆみが特に強いときはステロイド点眼薬(フルメトロン)を短期間のみ併用します。かゆみには個人差がありますので、当院医師にご相談ください。
点眼薬のみでは、眠気が出ることはほとんどありません。

花粉症の注射について【自費診療】

花粉症に使われる注射はケナコルト注射(筋肉注射)です。
ケナコルトはステロイドの注射で持続効果は3カ月程度です。

しかし、ケナコルトは女性の患者様には月経が遅れるなどの副反応が出る可能性があります。
職業柄内服が難しい方、花粉症がひどい年で内服のお薬だけではコントロールができない方には注射の治療も行っておりますのでお気軽にご相談くだい。

※こちらの注射のみ保険適応外の自由診療となります。

症状が似た病気/ 関連した病気

費用

保険診療の費用
(保険診療・3割負担の場合)

診察料+処方箋:1,100円前後
(お薬代は薬局にて別途費用が発生いたします)

※平日18時以降の受付、土曜日12時以降の受付、日曜は終日、夜間早朝等加算として、別途150円が加算されます。

自費診療の費用

初診の場合/初診料+注射代:7,120

2回目以降/再診料なし+注射代:5,090