TOP > 内科 > 逆流性食道炎

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

「町田駅」から徒歩1分の「湘南内科皮フ科クリニック町田院」は、逆流性食道炎にお悩みの患者様からのご相談を承ります。

逆流性食道炎とは、胃内部の胃酸が何らかの要因により食道まで逆流し、炎症が引き起こされる病気です。胃酸は本来、消化酵素により食物を溶かしたり、胃内部を菌から守ったりする役割を担っています。一方で、強い酸性を有していることから、逆流すると食道の粘膜を傷つけてしまいます。

以前は高齢者に多い病気と考えられていましたが、現在は若い方が逆流性食道炎を発症する例も少なくありません。その要因のひとつは、脂肪分が多い食生活です。胸やけやゲップの頻発などの初期症状が現れた場合は、年齢に関係なく内科の診察を受けることをおすすめします。

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎によって胃酸が逆流すると、以下のような症状が起こる場合があります。いくつかの症状は単なる食べすぎのときにも起こるため放置されがちですが、慢性的に続くようであれば内科の受診が必要です。

逆流性食道炎のリスク

食道の粘膜が胃酸にさらされ続けると、胃内部の粘膜と同じ状態に変化していくことがあります。「バレット食道」と呼ばれるこうした状態は、がんの発症リスクが高いことが特徴です。さらに、一度食道の粘膜がバレット食道に変化すると、元の状態に戻ることはありません。食道がんの発症リスクを軽減するためにも、早期のうちに逆流性食道炎の治療に着手する必要があります。

費用

保険診療の費用
(保険診療・3割負担の場合)

診察料+処方箋:1,100円前後
(お薬代は薬局にて別途費用が発生いたします)

※平日18時以降の受付、土曜日12時以降の受付、日曜は終日、夜間早朝等加算として、別途150円が加算されます。