TOP > 内科 > 脂質異常症

脂質異常症

脂質異常症とは

「町田駅」から徒歩1分の「湘南内科皮フ科クリニック町田院」は、脂質異常症の治療に対応しております。

血液は生活習慣の影響を強く受けます。なかでも、食事で摂取するコレステロールの影響は決して小さくありません。

血液中の中性脂肪、悪玉コレステロールであるLDLコレステロールが高い状態を、以前は「高脂血症」と呼んでいました。現在は、善玉コレステロールであるHDLコレステロールが低い状態を含め、脂質異常症と呼んでいます。その名のとおり、血液中の脂質、コレステロールの配分が通常と比較して異常であり、健康的なリスクを警戒しなければならない状態です。

具体的には、以下のような血液状態を脂質異常症として判断します。

●   LDLコレステロール:140mg/dL以上
●   HDLコレステロール:40mg/dL未満
●   中性脂肪(トリグリセライド):150mg/dL以上

これらは健康診断の血液検査などで判明するケースがほとんどです。

脂質異常症になると血液がドロドロの状態になり、血管壁に大きな負荷がかかります。血管系の深刻な病気が脂質異常症から引き起こされることもあるため、放置するのは大変危険です。血液検査の結果で脂質異常症と判定された場合、速やかに医療機関を受診し、改善に向けて取り組むことをおすすめします。

脂質異常症の症状

脂質異常症そのものには目立った自覚症状がありません。そのため、そのまま放置されてしまいがちです。知らないうちに全身の血管がダメージ受け、最終的には動脈硬化を起こします。


動脈硬化が進行し、血流が悪くなると以下のような疾患が起こり得ます。

いずれも、最悪の場合は生命に関わる危険な疾患です。発作が起きてからでは改善が難しい状態になっていることが多いため、脂質異常症に気づいた段階で早めに治療を受けることをおすすめします。

費用

保険診療の費用
(保険診療・3割負担の場合)

診察料+処方箋:1,100円前後
(お薬代は薬局にて別途費用が発生いたします)

※平日18時以降の受付、土曜日12時以降の受付、日曜は終日、夜間早朝等加算として、別途150円が加算されます。