TOP > 内科 > 胃腸炎

胃腸炎

胃腸炎とは

「町田駅」から徒歩1分の「湘南内科皮フ科クリニック町田院」は、胃腸炎に関するご相談に対応しております。

胃腸炎とは、胃、小腸、大腸の粘膜に起きる炎症の総称です。

年齢を問わず発症しますが、とくに乳幼児や高齢者に発症が多い病気です。また、一部の原因ウイルスは季節によって感染力が強まります。毎年秋から冬にかけては、とくにノロウイルスによる感染性胃腸炎が流行しやすい時期です。サルモネラやO-157など、梅雨時期から夏にかけて繁殖する細菌もあります。

食品や飲料の摂取によって起こる感染性胃腸炎は、一般的に「食中毒」として知られています。飲食店や学校、一般家庭などでは、食中毒が集団発生することも少なくありません。

胃腸炎の症状

胃腸炎でどのような症状が起こるかは、原因物質や摂取量によって異なります。また、感染した人の抵抗力によっても症状の強さ、期間は違います。以下は、胃腸炎の一般的な症状です。

とくに、下痢は胃腸炎を代表する症状といわれており、激しい下痢を起こしている場合は便に血液が混ざることもあります。また、激しい嘔吐や下痢を併発していると脱水症状が起きることもあり、とても危険です。子どもの身体は大人と比較して必要な水分量が多いため、こうした胃腸炎による脱水症状に警戒が求められます。

胃腸炎の予防

感染症予防の基本はこまめな手洗いです。また、食物に潜んでいる細菌・ウイルスは熱に弱いため、適切な加熱調理が求められます。汚れた調理器具を放置せず、清潔に保つことも重要です。

そのほか、すでに胃腸炎を発症している方がいる場合は、嘔吐物、吐しゃ物、便の取り扱いに注意しましょう。直接手で触れると、二次感染につながるおそれがあります。

費用

保険診療の費用
(保険診療・3割負担の場合)

診察料+処方箋:1,100円前後
(お薬代は薬局にて別途費用が発生いたします)

※平日18時以降の受付、土曜日12時以降の受付、日曜は終日、夜間早朝等加算として、別途150円が加算されます。