TOP > 内科 > 咽頭炎

咽頭炎

咽頭炎とは

「町田駅」から徒歩1分の「湘南内科皮フ科クリニック町田院」は、咽頭炎の症状に対応しております。

咽頭は細菌やウイルスなど外敵の侵入をせき止めている器官です。なんらかの要因によって咽頭粘膜の抵抗力が低下すると、細菌・ウイルスの感染によって炎症が起こるケースがあります。

咽頭炎は、のどの痛みを生じさせる病気として、扁桃炎に並んで代表的な存在です。咽頭・扁桃はどちらも近くに位置し、咽頭炎と扁桃炎を併発することもあります。扁桃が摘出されている場合も、咽頭炎を発症する可能性があります。

一般的に、咽頭炎として知られているのは、ウイルス・細菌の感染によって起きる急性咽頭炎です。こちらは、のどかぜなどによる細菌感染で発症します。急性咽頭炎を繰り返すと、慢性化するケースがあります。

原因となるウイルス・細菌によって異なる治療が必要です。一般的な知識だけでは鑑別が難しいため、内科の診察を受けることをおすすめします。

咽頭炎の症状

咽頭炎の症状としては、以下のようなものが挙げられます。

初期段階はのどに異物感を覚える程度ですが、症状の進行につれて徐々に痛みが激しくなっていきます。食物を飲み込む際に痛みが生じるほか、常に痛みを感じることも少なくありません。耳に痛みが拡大することもあります。

また、咽頭炎を発症した患部の特徴として、粘膜が赤く腫れあがることもあります。それに伴い、頚部リンパ節が腫れるケースも一般的です。多くの場合、熱は微熱程度の軽微なものですが、一部の例では高熱が出ることもあります。

費用

保険診療の費用
(保険診療・3割負担の場合)

診察料+処方箋:1,100円前後
(お薬代は薬局にて別途費用が発生いたします)

※平日18時以降の受付、土曜日12時以降の受付、日曜は終日、夜間早朝等加算として、別途150円が加算されます。