TOP > 内科 > 糖尿病

糖尿病

糖尿病とは

「町田駅」から徒歩1分の「湘南内科皮フ科クリニック町田院」は、糖尿病の症状に対応しております。

人の膵臓では、血糖の値を正常に保つ「インスリン」というホルモンが生成されています。膵臓の機能低下によりインスリンが十分に働かなくなると、通常は細胞へと入り込む血糖が血中にあふれてしまいます。このように、血糖が増えてしまう病気が糖尿病です。

血糖が高い状態を放置すると血管内部が傷つき、重篤な合併症が起こり得ます。また、血糖値が非常に高い場合は、それ自体が昏睡などを引き起こす要因となることもあるため注意が必要です。健康診断などで高い血糖値が検出された場合は、放置せず内科への受診をおすすめします。

逆流性食道炎の症状

糖尿病になると血管の内部がボロボロになり、身体の血流が悪くなります。初期の段階では自覚症状に乏しく、健康診断をきっかけに糖尿病が発覚することも少なくありません。代表的な初期症状として以下のようなものが挙げられます。

糖尿病の合併症

糖尿病は、それ自体の症状以上に合併症への警戒が必要な病気です。糖尿病が進行すると以下のような合併症が考えられます。

糖尿病神経障害

高血糖(血糖値が高い状態)が長期間続くと、体内の余分なブドウ糖がソルビトールという物質に変換さます。また、糖化により産生された終末糖化産物(AGEs)なども神経細胞(軸索)に蓄積し神経を障害します。さらに、神経を栄養する細い血管(細小血管)の血流も低下して、神経に酸素や栄養が行きわたらなくなることからも神経障害をきたします。足先や足の裏、手指はとくに糖尿病による神経症が現れやすい場所です。慢性的な痛みや知覚低下が起こり得ます。

糖尿病網膜症

糖尿病が進行すると、網膜の血管にダメージが及ぶこともあります。最初は自覚症状がありませんが、進行すると失明することもあるため警戒が必要です。

糖尿病腎症

腎臓にも細い血管が集中しており、糖尿病による影響を強く受けます。重篤なレベルまで腎症が進行すると腎機能の低下により排尿による老廃物の排せつ機能が失われ、、透析が必要になってしまうケースもあります。

費用

保険診療の費用
(保険診療・3割負担の場合)

診察料+処方箋:1,100円前後
(お薬代は薬局にて別途費用が発生いたします)

※平日18時以降の受付、土曜日12時以降の受付、日曜は終日、夜間早朝等加算として、別途150円が加算されます。