お電話でのお問い合わせ

美容皮膚科に関するお問い合わせ

0120-665-664


保険診療とAGA治療に関するお問い合わせ

050-5576-1321

TOP > 内科 > アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎

「町田駅」から徒歩1分の「湘南内科皮フ科クリニック町田院」は、アレルギー性鼻炎に悩む患者さまからのご相談をお待ちしております。

アレルゲンとよばれる特定の物質は、人間の身体に侵入し、アレルギー反応を起こすことがあります。アレルギー性鼻炎もそうしたアレルギー反応のひとつです。アレルゲンは日常生活において当たり前のように存在しており、多くの方がアレルギー性鼻炎に悩まされています。

アレルギー性鼻炎は、大きく「通年性」と「季節性」に分けられます。通年性アレルギー性鼻炎は年間を通じて症状が出るのが特徴であり、ハウスダスト、ほこりなど室内のアレルゲンによって起こる疾患です。季節性アレルギー鼻炎は主に花粉が原因となり、一般的に花粉症として知られています。

身体がアレルゲンに一定期間さらされると、異物に対応するための抗体を生成します。アレルゲンに対する抗体の排除作用として現れるのが、アレルギー性鼻炎の症状です。こうした仕組みは、ほかのアレルギー反応でも共通です。

症状

アレルギー性鼻炎の代表的な症状は以下のようなものです。

こうした症状が通年性の場合は1年をとおして頻繁に、季節性の場合はアレルゲンとなる花粉を飛散させる植物の開花中に起こります。朝方に症状が激しくなる傾向がある点も特徴です。

共通している症状が多いことから風邪と混同されることもありますが、発熱をともなうことが多い風邪に対し、アレルギー性鼻炎では通常発熱はありません。また、粘着性の鼻水が出る風邪に対し、アレルギー性鼻炎の鼻水は水様性でさらっとしているという特徴があります。

治療方法例

アレルギー性鼻炎に対しては抗ヒスタミン薬[抗アレルギー薬](アレグラ、クラリチン、アレロック、ザイザル、ルパフィン、デザレックス、ビラノア)を使用します。薬によってはほとんど眠気がない薬もあり、パイロットも服用できるほどです。鼻水、鼻づまりが症状が強い場合は、内服薬以外に点鼻薬(ナゾネックス、アラミストなど)を使用します。 鼻の粘膜に直接働きかけるため、症状を緩和することができます。特に鼻づまりが強い場合、ロイコトルエン拮抗薬(シングレア、キプレス、オノン)を使用する場合もあります。症状が強くでる方にはにはセレスタミンやリンデロンなどのステロイド薬を短期間のみ頓用で使用することもあります。

抗ヒスタミン薬は効果が個人差の大きい薬です。合わない薬を使い続けるのではなく、いくつかの薬を試してみて自分に最適なものをみつけましょう。

費用

保険診療の費用
(保険診療・3割負担の場合)

診察料+処方箋:1,100円前後
(お薬代は薬局にて別途費用が発生いたします)

※平日18時以降の受付、土曜日12時以降の受付、日曜は終日、夜間早朝等加算として、別途150円が加算されます。

医院長

湘南内科皮フ科クリニック 町田院 院長 石黒 由高

湘南内科皮フ科クリニック
町田院 院長

石黒 由高

経歴

  • 総合病院 南生協病院 臨床研修
  • 名古屋市立大学病院及び関連病院 勤務
  • 湘南美容クリニック大宮東口院 勤務
  • 湘南メディカル記念病院一般内科 勤務
  • 湘南内科皮フ科クリニック町田院 院長就任

アクセス・診療案内

当院は、町田MODIと町田東急ツインズの間にあるビル(TKビル)の5Fになります。

湘南内科皮フ科クリニック町田院

〒194-0013 東京都町田市原町田6-3-20 TK町田ビル5階

保険診療とAGA治療に関するお問い合わせ
美容皮膚科に関するお問い合わせ
診療時間 : 10時~19時
(18時45分最終受付)

※AGAのご相談は17時30分
最終受付となります

休診日 : 月・木
診療時間
10:00~19:00 - -

※祝日または振替え休日が休診日の場合は、休診とさせていただきます。