TOP > 内科 > 慢性胃炎

慢性胃炎

「町田駅」から徒歩1分の「湘南内科皮フ科クリニック町田院」では、慢性胃炎にお悩みの方からのご相談をお待ちしております。

「なんとなく胃が重い」「むかつきがある」といったお悩みはありませんか? 長期間そうした症状が改善されないようであれば、慢性胃炎の可能性があります。目立った症状がないことから、放置されてしまいがちな病気です。

胃炎は症状の進行によって急性胃炎と慢性胃炎に分けられます。急性胃炎は急激に発症し、激しい痛みが伴います。対して慢性胃炎は強い症状がなく、ゆっくりと進行するケースが一般的です。

急性胃炎と同様、ストレスや刺激物の摂取、薬物の摂取などで生じる胃への負担によって発症します。一方、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染によって発症することもあります。ピロリ菌によって発症した慢性胃炎では、胃の粘膜に委縮が見られることから「萎縮性胃炎」とも呼ばれています。胃がこの状態になると胃がんに発展するリスクが高まるため、早期のうちに対応が必要です。

症状

慢性胃炎の症状は以下のようなものです。

慢性胃炎の場合、胃の状態が荒れていても自覚症状がない場合があります。そのため、胃の定期健診などではじめて慢性胃炎が発覚することも少なくありません。

自覚症状がないことから放置されがちですが、上述したとおり萎縮性胃炎にまで進行すると胃がんの発症リスクが一気に高まります。日頃から胃の状態に対して敏感になるとともに、定期健診で胃の異常が見つかった場合は決して軽視せず、早めに内科で診察を受けることをおすすめします。

費用

保険診療の費用
(保険診療・3割負担の場合)

診察料+処方箋:1,100円前後
(お薬代は薬局にて別途費用が発生いたします)

※平日18時以降の受付、土曜日12時以降の受付、日曜は終日、夜間早朝等加算として、別途150円が加算されます。