お電話でのお問い合わせ

美容皮膚科に関するお問い合わせ

0120-665-664


保険診療とAGA治療に関するお問い合わせ

050-5576-1321

TOP > 内科 > 喘息

喘息

「町田駅」から徒歩1分の「湘南内科皮フ科クリニック町田院」は、喘息に悩む患者さまからのご相談に対応しております。

人の喉から肺にかけては、気管でつながっています。喘息はこの気管に炎症が起きる病気であり、正式には「気管支喘息」と呼ばれます。

発症者の大半は子どもであることから一般的に「子どもの病気」と考えられていますが、大人の喘息も少なくありません。子どものころに患っていた喘息が大人になってから再発するケースもあれば、大人になってはじめて発症するケースもあります。40歳以降は、とくに喘息を発症するリスクが高いと考えられています。

症状の多くは風邪と似ていることや時間によって症状の緩急があることから、市販の風邪薬を服用しながら改善を期待している方も多いようです。しかし、喘息に対して適切な処置を実施しなければ改善は見込めません。発作が強くなれば、生命に関わることもあるため大変危険です。

喘息の特徴的な症状に気づいた場合は、早めに医療機関へ足を運びましょう。気管支喘息は治ることはないと考えられていますが、症状を緩和することで上手く付き合っていくことができます。

症状

喘息の代表的な症状は以下のようなものです。

最大の特徴といえるのが、呼吸時に起動のあたりから出る「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という音です。この音は「喘鳴」と呼ばれており、炎症で気道が狭くなったことによって生じます。

気道の炎症により咳が慢性的になりますが、とくに夜間や早朝に頻発する傾向があります。また、気道が普段より狭くなっているため、息苦しさを感じることも少なくありません。

似たような症状が起こる風邪とは区別し、早めに医療機関を受診しなければなりません。喘鳴は、風邪では基本的に起こらない喘息独自の症状です。こうした症状を自覚している場合は喘息の可能性を疑い、医師の診察を受けましょう。

治療方法例

喘息の治療薬は多岐に渡りますが、吸入薬が基本的な治療となります。吸入薬の種類としては、喘息発作時に使用する吸入薬(リリーバー)と、そもそも喘息発作を起こさせない長期管理に使用する吸入薬(コントローラー)があります。喘息発作時には気管支を広げる短時間作用性吸入β2刺激薬(メプチンエアー、サルタノールインヘラーなど)を使用します。

長期管理に使用する吸入薬には、気管支の炎症を鎮める吸入ステロイド薬や、気管支を広げる長時間作用性吸入β2刺激薬、およびその配合剤(レルベア、シムビコート、アドエアなど)を使用します。他にも、長時間作用性抗コリン吸入薬(スピリーバなど)、ロイコトリエン受容体拮抗薬(シングレアなど)があります。喘息は軽症間欠型、軽症持続型、中等症持続型、重症持続型などと分かれ、それぞれ治療のステップに応じて、上記の薬を使い分けます。

症状が無ければ喘息は治ったと考えられがちですが気管支の炎症が残存しています。症状がなくても日頃から定期的に吸入することが重要です。また、喫煙は気道を刺激し、喘息発作を生じやすくするため、禁煙することが重要です。

症状が似た病気/ 関連した病気

費用

保険診療の費用
(保険診療・3割負担の場合)

診察料+処方箋:1,100円前後
(お薬代は薬局にて別途費用が発生いたします)

※平日18時以降の受付、土曜日12時以降の受付、日曜は終日、夜間早朝等加算として、別途150円が加算されます。

医院長

湘南内科皮フ科クリニック 町田院 院長 石黒 由高

湘南内科皮フ科クリニック
町田院 院長

石黒 由高

経歴

  • 総合病院 南生協病院 臨床研修
  • 名古屋市立大学病院及び関連病院 勤務
  • 湘南美容クリニック大宮東口院 勤務
  • 湘南メディカル記念病院一般内科 勤務
  • 湘南内科皮フ科クリニック町田院 院長就任

アクセス・診療案内

当院は、町田MODIと町田東急ツインズの間にあるビル(TKビル)の5Fになります。

湘南内科皮フ科クリニック町田院

〒194-0013 東京都町田市原町田6-3-20 TK町田ビル5階

保険診療とAGA治療に関するお問い合わせ
美容皮膚科に関するお問い合わせ
診療時間 : 10時~19時
(18時45分最終受付)

※AGAのご相談は17時30分
最終受付となります

休診日 : 月・木
診療時間
10:00~19:00 - -

※祝日または振替え休日が休診日の場合は、休診とさせていただきます。